カードローンはアルバイトでも利用できる!審査に通るための注意点

アルバイトをしている皆さん、ご自身がカードローンを利用するのは不可能だと思っていませんか?

カードローンは、正社員でそれなりに年収がないと利用できないと思われがちですが、決してそうではありません。

結論から言うと、アルバイトの方もカードローンを申し込むことができます。パートや派遣社員などで働いている方も同様です。

ただ、申し込めるからといって必ず融資を受けられる、とは限らないのが現実です。審査に落ちてしまう可能性も十分に考えられます。

この記事では、アルバイトの方がカードローンを利用するために必要な情報をまとめました。

審査に落ちやすくなってしまう傾向なども紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

アルバイトは消費者金融のカードローンがおすすめ!銀行との違いは?

カードローンは、その多くが銀行か消費者金融のものですが、アルバイトの方におすすめなのは消費者金融のほうです。

まずは、その理由を紹介します。

審査は消費者金融のほうが厳しくない

カードローンを申し込む際に、避けて通れないのが審査です。融資を受けるには、審査に通る必要があります。

審査では、年齢や住所などといった基本的な個人情報に加え、年収や居住形態(持ち家か賃貸か、など)といった部分も考慮し返済能力の有無を判断されます。

銀行も消費者金融も、審査の内容に大きな違いはありませんが、審査基準は銀行のほうが厳しい傾向があります。

その理由は以前、銀行カードローンの過剰な貸し付けが社会問題化したことがあり、審査基準が見直されて厳しくなったからです。

アルバイトでも銀行のカードローンに申し込むこと自体は可能なので、審査に通ることも決して不可能ではありません。

しかし、審査に通る可能性を少しでも高めたいのであれば、最初から消費者金融を選んだほうがいいでしょう。

消費者金融は即日融資に対応している

消費者金融がおすすめの理由として、もう一つ上げられるのが「申し込みから融資を受けるまでの速さ」です。

大手消費者金融の多くが審査を短時間で行い、「最短即日融資」を可能としています。

一方で、銀行のカードローンは審査だけでも数日から一週間程度かかることが多いです。

これも先ほどと同じ理由で見直しが行われ、審査に時間をかけるよう変わったためです。

このようなことから、審査に通りやすく早めに融資を受けられるとなると、消費者金融がおすすめなのです。

アルバイトはカードローンの審査が厳しい?通りやすいポイントとは

カードローンの審査は、消費者金融より銀行のほうが厳しい傾向にあるとお伝えしました。

しかし、だからといって消費者金融ならアルバイトの方も確実に融資を受けられる、とは限りません。

ここでは消費者金融の審査で聞かれることや、重要視されるポイントを説明します。

カードローンの審査で重要なのは「信用度の高さ」

カードローンの審査では、主に次のようなことを聞かれます。

  • 年齢
  • 勤務先の名称、住所
  • 年収、勤続年数、勤務形態
  • 居住形態(持ち家か賃貸か、など)
  • 在籍確認をされたくない
  • 他社で借入があるか

例えば、安定している企業であればアルバイトであっても継続的な収入が見込めそうだとか、持ち家に住んでいれば家賃の支払いがないぶん、返済に資金を回しやすいなどと考えられます。

審査では、返済が難しくなりそうな事情を持っていないか、返済しながらでも生活できそうかということをあらゆる面から判断されます。

一言でいうと、審査に求められるのは「信用度の高さ」です。

カードローンの審査は信用度が高ければ高いほど、通りやすくなるのです。

ちなみに、先ほど挙げた項目の「他社で借入」にはクレジットカードでのショッピング、自動車ローンなども含まれるので注意しましょう。

アルバイトは勤続年数の長さや社会保険証の存在が信用度を上げる

当然ですが、正社員とアルバイトで信用度が高いのは正社員のほうです。また、正社員はアルバイトより年収が高いので、借入可能額も高く設定してもらえる傾向にあります。

どうしても正社員と比べると、アルバイトが不利になってしまうのは仕方ありません。
では、アルバイトの方が審査において信用度を上げるには、どうしたらいいのでしょうか。

例えば、勤続年数が長いことはどの勤務形態であってもプラスになります。

一般的に、一年以上同じ職場で働いていれば収入を「年収」としてはっきり証明できるので、有利とされています。

さらに、勤務先で社会保険に加入し社会保険証をもらっていると、なお良いでしょう。

社会保険証は長期雇用・長時間勤務が前提の人に発行されるものであり、保険証に勤務先の名称が記載されているので信用度が高まります。

借入希望額を高くしすぎないように注意

審査に通るには、年収や勤務形態が重要なのは当然ですが、実は他にも必要なことがあります。借入可能額を超える金額を借りようとしないことです。

消費者金融での借入可能額は、年収の3分の1以下と法律で決まっています。

これを超えた金額を希望すると、他の点が良くても審査に落ちてしまう可能性があるので、注意しましょう。

参考までに、「年収の3分の1」という金額は、以下のようになります。

  • 年収10万円…約3.3万円
  • 年収50万円…約16.6万円
  • 年収100万円…約33.3万円
  • 年収200万円…約66.6万円

アルバイトを始めたばかりの人も可能性はゼロではない

審査では勤続年数を聞かれますが、アルバイトを始めたばかりという場合はどうなるのでしょうか。

勤続年数が短いとそのぶん慎重に判断されてしまうのは確かですが、それだけで審査に落ちるとは限りません。

きちんと働き続けて返済する意思を伝えれば、審査に通ることもあるようです。

「返済する意思」を示せるものの一つに、給与明細書があります。1か月分でも受け取っていれば、「今後も毎月この金額を稼いで返済が可能である」というアピールができます。

給与明細などの収入証明書は、カードローンの申し込みの際に提出を求められることがあるため、どんな人でも必ず準備しておいたほうが良いとされているものです。

カードローンは、採用された直後よりも給与明細書を受け取れるまで働いてから申し込むことがおすすめです。

収入証明書とは、給与明細書以外に源泉徴収票、確定申告書などを指します。全て写しで構いません。

職場への在籍確認は無しにできる可能性も

カードローンの申し込み時には、在籍確認というものがあります。これは申告した勤務先に消費者金融や銀行から電話がかかってきて、その人が本当に勤めているかを確認するものです。

在籍確認がきっかけで職場の人たちにカードローンの利用がバレる可能性が高いので、できれば避けたいという人は多いです。

その場合は、電話連絡のない消費者金融を選びましょう。例えば、SMBCモビットではWEB上で全ての手続きができる申し込み方法を設けています。

WEB完結申込の利用には、いくつかの条件を満たす必要があります。

また、プロミスでは原則として在籍確認をすることになっていますが、電話をされると困る場合は事前に相談に乗ってくれます。

しかし、どちらの会社でも審査の内容によっては、どうしても「在籍確認が必要」と判断されてしまう可能性もあります。

そうなると困ってしまうかもしれませんが、実は在籍確認の電話は個人名で「○○さん(申込者)いますか?」と言われるだけです。

消費者金融の名前が出ることはなく、電話を取った人にいろいろ尋ねるようなこともありません。こういった内容なら、少し安心ではないでしょうか。

さらに、在籍確認はクレジットカードの契約の際にも行われるものなので、決して不自然なものではありません。

在籍確認が必要な場合は、あらかじめ職場の人に「クレジットカードの契約で自分あてに電話がかかってくる」と伝えておきましょう。

アルバイト・パート申込可!消費者金融のおすすめカードローン4選

それでは、アルバイトやパートの方も申し込める消費者金融を紹介します。どの会社も特徴的なテレビCMを放送しており、知っている方が多いと思います。

ただ、どの会社も特長が異なります。この項で各社のメリットや利用できるサービスを理解し、ご自分に合いそうな消費者金融を見極めましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットは、SMBCグループが運営する消費者金融です。提携ATMは日本全国に約14万台と、利便性に優れています。

また、先ほども紹介した通り「WEB完結申込」では申し込みからモビットカードの発行までを全てWEBで済ませることが可能です。

最短30分で審査を行い、即日融資に対応していることも大きな特長です。

さらに時間を短縮したい場合は、WEBで申し込んだ直後にコールセンターに電話をするとすぐに審査を行い、優先的に対応してもらえます。

ちなみに、SMBCモビットはTポイントサービスと連携しており、返済の際にTポイントを使ったり貯めたりすることが可能です。

<こんな人におすすめ>

  • とにかく急いでいる
  • 在籍確認をされたくない
  • Tポイントを集めている

プロミス

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンスが運営する消費者金融です。大きな特長は、30日間無利息サービスがあることです。

初回利用時のみ、出金した翌日から30日以内は無利息で返済できるので、すぐに返済できる見通しが立っている人にはおすすめです。

プロミスもWEBで申し込みから契約までを行うことができるので、すぐに借りたい方は安心です。

また、コンビニやゆうちょ銀行などのATMと提携しているため、契約が済めば24時間融資・返済が可能です。

そして先ほど紹介したように、プロミスでは在籍確認に不安がある場合、申し込み前でもコールセンターで相談に乗ってもらうことができます。

ちなみに、プロミスには女性オペレーターが対応する女性専用ダイヤルもあり、ユーザーに寄り添ったサービスが成約率の高さにつながっています。

<こんな人におすすめ>

  • 無利息で返済したい
  • すぐに返済できる見通しが立っている
  • 相談しながら申込や利用をしたい

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループに属するアコム株式会社が運営する消費者金融です。

全国に897か所の店舗と自動契約機があり、お近くに店舗があれば対面での申し込みも可能です。

インターネットか電話で申し込みを行うと最短即日融資が可能なほか、初めての利用に限り30日間金利0円サービスがあります。

アコムでは、在籍確認の電話は必要と判断された場合に行われます。しかし、不安な場合はコールセンターに相談すると配慮をしてもらえる可能性があります。

また、アコムにはACマスターカードというクレジットカードがあり、条件を満たせば即日発行が可能です。

一つのカードで普段の買い物もカードローンの利用もできてしまうので、非常に便利です。

<こんな人におすすめ>

  • 対面で申し込みをしたい
  • クレジットカードがすぐに欲しい
  • 在籍確認に不安がある

アイフル

アイフルは、アイフル株式会社が運営する消費者金融です。

WEBで申し込みを完結できるほか、最大30日間の利息が0円になるサービスがあります。

また、専用のアプリがあり、そこから申し込むとカードの発行・郵送という手間がなくなるので便利です。

店舗は無人店舗のみとなっていますが、質問・相談はコールセンターのほかLINEやWEBでAIのチャットサービス「ぽっぽくん」を利用することができます。

ちなみに、アイフルには他社借入がある人向けに「おまとめMAX」「かりかえMAX」というサービスがあるので、借り入れ総額が増えてしまっている人も安心です。

もし、事業資金として高額の融資が必要な場合は「事業サポートプラン」を利用すると、年収の3分の1以上を借りることも可能になります。

<こんな人におすすめ>

  • スマホで手軽に手続きをしたい
  • 他社借入がある
  • 事業資金として融資を受けたい

審査に落ちてしまった…そんなときは見直しと再審査の準備をしよう

「しっかり準備をして消費者金融に申し込んだのに、審査に落ちてしまった…」それは珍しいことではありません。

落ちてしまったからといってそれで終わりにせず、次に紹介することを試してみてください。

あてはまるかも?審査に落ちやすくなってしまう行為

カードローンの審査の詳細は公表されていないので、自分がなぜ落ちたかをはっきり知ることはできません。

しかし、ある程度推測することはできます。あなたは以下のようなことにあてはまっていないでしょうか。

  • 収入が安定していないとみなされた

それなりの年収があっても、勤続年数の短さから信用度が低いと判断されてしまうことが考えられます。

また、フリーランスや派遣社員などは「収入が不安定」とみなされやすい傾向にあります。

  • 賃貸物件の居住年数が短い

たまたま引っ越したばかりであっても、「支払いに困ったら逃げられるかもしれない」と判断されることがあります。

  • 借入希望額と年収が見合っていない

前の項でもお伝えしましたが、融資を受けられるのは年収の3分の1以下です。

ちなみに3分の1「以下」ということは、決して「3分の1の金額を借りられる」というわけではないので注意しましょう。

  • 過去に金融事故を起こしている

当然ですが、過去に返済の遅延や滞納を起こしていると、今回も同じ事態になる可能性があると考えられ、信用度が低くなります。

  • 複数の消費者金融に同時に申し込んだ

これも信用度を下げる行為です。申し込みだけでもそれぞれの会社に信用情報として残りますし、審査の際には必ず「他の消費者金融に申し込みをしていないか」を調べられます。

審査に通るかわからないからといって、複数の消費者金融に申し込みをするのはやめましょう。

  • 申込内容に虚偽がある

審査に通りやすいようにと、申し込みの際に誇張するなどして個人情報を提供する人がいますが、細かい部分までしっかり調べられますので必ずバレます。

正しい情報を伝えずに、信用を得ることはできません。虚偽の申告は絶対にやめましょう。

再審査に挑戦!今度こそ通るためにできること

一度審査に落ちてしまっても、二度と申し込みができないわけではありません。再び申し込む際は同じ失敗を繰り返さないために、十分な対策をした上で臨みましょう。

  • 申込内容や提出書類に不備がないことを確認する

「一度用意したから大丈夫」と思わず、再度確認しましょう。

  • 6か月以上期間を空けてから申し込む

消費者金融に申し込みをすると、信用情報として6か月間記録が残ります。審査に落ちたことも同様です。記録が残っている間は、審査結果が覆ることはありません。

6か月たてば情報が抹消され、再び申し込みや審査を受けることが可能になります。

  • 借入額を減らしておく

他社借入がある人は、できる限り借入額を減らしておきましょう。

アルバイトもカードローンを利用しよう!ぜひ入念な準備で申し込みを

アルバイトは正社員に比べて年収が低い傾向にあり、カードローンを利用できないのではないかと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

アルバイトも申し込めるカードローンはたくさんあります。申し込みができるという時点で、融資を受けられる可能性も十分にあるということになります。

しかし、アルバイトはどうしても正社員より慎重に審査されてしまうという現実があります。なので、事前に準備をしてから申し込みをしましょう。

アルバイトの方は、銀行より審査が厳しくないと言われる消費者金融を選び、この記事で紹介した「信用度が上がるポイント」を押さえて申し込んでみてください。

この記事がカードローンを利用したい方々のお役に立ち、必要なときにお金を借りられるよう願っています。

閉じる
閉じる